イメージと清潔感

髪仕事
dav

どうも。結婚式で久々に着たスーツが少しきつかった代表森下です。

 

今日は友達であり豊橋で活動してるアーティストのEpsteinことシティーボーイが来てくれました。彼の楽曲などはこちらで聞いてみてあげてください。かっけーっすよ。

 

頭ボサボサやないか…

いやいや、そんな彼の宣伝なんかはどうでもよくて、彼の言った一言がふと印象深かったんですよ。

というのも彼はいつも僕のお店に来ては【シティーボーイにしてくれ。】としか言わないんですよ。でも今日は【少し変えてみるか・・・】

どうした?と聞くと、

【ずっと音楽に携わって来たけど昔は服装、髪型とかでどんな音楽やってるやつかとか判断されたし見られてたけど、数年前から事情が変わったよね。】と。

 

たしかに僕も音楽が好きで色々なジャンルを問わず聞きますがなんとなく見た目それっぽい。という先入観は正直ありました。

【でも今ってさ、すっごいカジュアルに見えてもすっごい大人っぽい歌を歌う人とかいるじゃん!?なんかガッツリそこまで先入観にこだわらなくてもいいんじゃないかと思ってさ】

 

なるほどね。でもそんな中にも絶対に守らないといけないポイント。

今回僕が僕に対して、彼に対して与えていた裏テーマ。

それは清潔感】

清潔感がないまま個性だ!自由だ!といっても相手に対して不快感を与えてしまった時点でアウトですね。

 

色んなお仕事や環境の中で皆さん生活されてて、どんな個性でも自由でも素晴らしいと思いますが、清潔感だけは失わないようにしたいですね。人と対峙する前の段階の礼儀かと。

 

結果彼はこうなりました。うーん、さわやか!!笑

爽やかロッカーがいてもいいと思います‼

髪仕事
スポンサーリンク
La voix 豊橋市のマンツーマンサロン

コメント