常識とは。

今日、ボクは[分業と責任]
という記事を書きました。

 

続きというかその後感じたことを。

 

そもそもが自分が無知なことが大前提ですが、完結に言うと今日はボクと業者Aと業者Bの三者間で、あることへの理解の差が発覚し、業者Aに

 

(○○業界ではこうやって物事進めるのが常識って言うか…普通なんですよね。)

 

と言われたんですね。正直自分の中では

 

(えっ!?そうなの??そんなんしらんやん!その業界人じゃねーし(ノД`))

状態でした。もうパニックですよね。プチパニック。

 

業者Bは

 

(業界内では確かにそうだし理解できるけどなにも知らない森下さんに突然それを言っても理解できない‼)

 

とこちらの事情と気持ちを汲んでくれました。

が、業者Aは

(業界の常識で…)

の一点張り。




確かになにも知らない自分に落ち度がなかったとは思わないですが、[業界の常識]を問題が起きる本当に数十分前に、なにも知らない、わかってない素人に問われたところで答えだせっつーほうが無茶じゃないですかね⁉こっちだってなかなかに高額な代金を支払うのでキチンと納得いった上でお互い気持ちよく物事を進めたいのですが…

そこで問題に上がるのが先ほど述べた分業と責任への考え方。

結果としてキチンと話を聞けば理解できるがどれだけ司令塔との意思疏通ができているか。

 

これはボクが今回消費者側だったので特にこれからは自分も気をつけないといけない。[業界の常識]をお客様に伝えるときは、常に先だって物事を捉え、お客様を

!?(゚Д゚≡゚Д゚)゙?

こんな状態にしてはいけないなと本当に深く感じたので自分への戒めも込めて。

何はともあれ、もうすぐ保健所の審査です。無事終わりますように…

 

日々
スポンサーリンク
La voix 豊橋市のマンツーマンサロン

コメント